注目製品のご紹介

マルチアームPEG-ノルボルネン

Tulane大学(米国)のScott Grayson教授から、種々の末端機能性を有する高品質マルチアームポリ(エチリングリコール)(PEG)の製品化のご提案をいただきました。

これらの官能化PEGはPEGヒドロゲルのための架橋剤として、また生物医学的応用のためのミクロスフェアを形成するために用いることができます。例えば、マルチアームPEG-ノルボルネンは、チオール-エン反応を用いてヒドロゲルの架橋が可能です1。チオール‐エン光重合を用いることで、細胞カプセル化2、蛋白質デリバリー3,4、および3D微小環境のマイクロパターニングのための空間的に制御されたヒドロゲル5が作られています。さらに、橋かけを精密に制御することにより異なる弾性率を有するヒドロゲルを作製し、基質剛性と細胞応答性に関して調べることができます6,7

マルチアームPEG-ノルボルネンの構造

「Polumeric Drug Delivery Techniques」バナー
     

References

  1. Fairbanks, B. D. et al. Advanced Materials 2009, 21(48), 5005–5010.
  2. Anderson, et al. Biomaterials 2011, 32(14), 3564–3574.
  3. Aimetti, A. A.; Machen, A. J.; Anseth, K. S. Biomaterials 2009, 30(30), 6048–6054.
  4. Van Hove, A. H.; G. Beltejar, M. J.; Bnoit, D. S. W. Biomaterials 2014, 35(36), 9719–9730.
  5. Hynes, W. F. et al. Biosensors 2014, (1), 28–44.
  6. Tokuda, E. Y.; Leight, J. L.; Anseth, K. S. Biomaterials 2014, 35(14), 4310–4318.
  7. Gould, S. T. Biomaterials 2014, 35(11), 3596–3606.