Merck

血液型判定

血液型判定試薬

血液型判定(血液分類としても知られる)とは、赤血球(RBC)の表面に存在する抗原の検出に基づいて血液を分類する過程です。ドナーと患者の血液型を正しく判定することは、安全に救命用の輸血や成分輸血、臓器や組織の移植を行うために極めて重要です。血液型判定には、血液検体の検査において高度に規制され、標準化された血液型特異的な試薬や機器を用いることが含まれます。

国際輸血学会(ISBT)は、通常の血液型および稀な変異種の検出用として、主なヒト血液型を判定する39種類のシステムを認めていますが、そのうち最も一般的なのはABO式とRh式の血液分類システムです。血液型判定の基本原則は、血液凝集、すなわち赤血球の塊が生じる抗原抗体反応を観察することです。

ABO式では、個人の表現型は、各人の赤血球と、抗-A、抗-Bおよび抗-AB抗血清との血液凝集反応によって決定されます(オモテ試験)。血液が凝集しなければ、特異的抗原がないことが証明され、検査結果は陰性を示します。成人の血液検体の検査では、ABOの血液型の確認として、各人の血清とA型およびB型の標準赤血球細胞懸濁液とを反応させます(ウラ試験)。

血液分類試薬および機器はすべての市場において高度に規制されています。検査結果は診断結果としてではなく、むしろ治療のために提供されるからです。その結果によって、どのドナーの血液、血液製剤または移植組織を患者に用いるのかが決定されます。規制された血液型判定試薬および機器の開発および製造は、成分となる重要な抗体の原材料、そして付随する薬品および化合物の品質、一貫性および信頼性を担保することが大切です。

血液型判定製品

血液型判定用の完成試薬や原材料を提供しています。詳細についてはお問い合わせください。



      ログインして続行

      続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

      アカウントをお持ちではありませんか?