Merck
ホームApplicationsゲノミクスDNA・RNAの精製

DNA・RNAの精製

DNAの構造―DNAの精製にはさまざまな手法が用いられています。

DNAとRNAの抽出は分子生物学で使用される基本技術の1つです。広い範囲の研究や臨床応用において、高品質、高純度核酸への大きなニーズが存在します。核酸の精製は多くの分子生物学やゲノム操作ワークフローにおける最初の1歩です。

DNAおよびRNAサンプルは、しばしば未精製の調製物から得られます。ゲノムDNA、プラスミドDNA、全RNAは以下の例を含む数多くの素材から抽出・精製することができます:バクテリアと哺乳類細胞、植物組織、真菌組織、哺乳類組織、血液、プラズマ、血清、ウィルス、頬側・鼻孔粘膜(スワブ)、ゲルマトリックス、PCR、その他の酵素反応。多くの場合、これらのサンプルから核酸を分離するためには細胞膜の溶解や均質化などの操作が必要となり、それに続いてタンパク質、酵素、洗浄剤、塩分、脂質などを除去しなければなりません。

一般的に使用される方法:

  • アルカリ抽出法
  • フェノール‐クロロホルム抽出法
  • 塩化セシウム(CsCl)密度勾配遠心分離法
  • オリゴ(dT)セルロースクロマトグラフィー法
  • シリカマトリックス法
  • ガラスビーズ法
  • 珪藻土法
  • 陰イオン交換クロマトグラフィー法
  • サイズ排除クロマトグラフィー法


どの精製法が最善であるかは、目的とするアプリケーションによって決まります。精製後の核酸は次のような応用に使用されます:PCR、qPCR、制限消化、核酸連結、クローニング、ジェノタイピング、遺伝子発現解析、次世代シーケンシング(NGS)、ノーザン/サザンブロット法


関連技術資料

  • Impact of Purification Method on Accuracy of DNA Quantitation and Downstream Enzymatic Processes. Evaluation of the purity of genomic DNA by UV spectrophotometry, gel electrophoresis, and downstream qPCR using GenElute™-E DNA purification kits.
  • An overview of methods for quantifying DNA and RNA, how to measure DNA and RNA concentration and yield, and how to assess purity of nucleic acid samples.
  • The availability of simple methods for purification of DNA and RNA has greatly facilitated the analysis and characterization of the genome and gene expression. There is a demand to isolate DNA and RNA rapidly and conveniently from a variety of cellular sources, including cells and tissues from mammalian, plant and bacterial cultures.
  • Affinity chromatography is the process of bioselective adsorption and subsequent recovery of a compound from an immobilized ligand. This process allows for the highly specific and efficient purification of many diverse proteins and other compounds. The process requires the utilization of an appropriately selective ligand which will bind the desired compound generally with a dissociation constant in the range of 10-4 to 10-8, while permitting recovery under mild conditions. The ligand is generally immobilized on a beaded and porous matrix which may be in the form of a column packing or batchwise adsorption medium.
  • この技術情報を参考に、オリゴの種類および使用用途に応じて最も良い精製方法を選択してください。
  • すべて表示

関連プロトコル

  • オリゴヌクレオチドの取扱いは、トラブルなく実験を確実に行うために大切です。オリゴを適切に保管することにより、有効期間が最長となり、オリゴを最大限利用できます。
  • 細胞ペレットにプロテクターRNase阻害剤を添加することはお勧めしません。50kDaタンパク質であるプロテクターRNase阻害剤は、無傷細胞にはおそらく浸透しません。細胞ペレットを直ちに-80 ℃で凍結することでRNAを安定化するのに十分です。-80 ℃では、プロテクターRNase阻害剤は不活性です。
  • 不安定な試料でも、また少量でも多量の試料でも、収率を損なうことなくタンパク質を濃縮することができる、穏やかなメンブレンベースのタンパク質濃縮の製品ラインナップをお届けします。
  • 0.1 mU DNaseフリーRNaseは、反応量50 μLのPCRグレード水中で1 μg RNAを分解します(30分、+37℃)。DNaseフリーRNaseのタンパク質濃度は0.5 μg/μLです。
  • ウシ膵臓由来DNase Iは、分子量37,000の糖タンパク質です。DNaseからRNaseを除去するには特殊な手順が用いられます。
  • すべて表示