Merck

C5533

Sigma-Aldrich

コラーゲン ヒト胎盤由来

Bornstein and Traub Type IV, powder, BioReagent, suitable for cell culture

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
コラーゲンIV型
CAS番号:
EC Number:
MDL番号:
NACRES:
NA.75

由来生物

human placenta

品質水準

製品種目

BioReagent

形状

powder

包装

pkg of 5 mg

テクニック

cell culture | mammalian: suitable

不純物

HIV, hepatitis B and hepatitis C, none detected

溶解性

acetic acid: 0.5-2.0 mg/mL (Dissolve for several hours at 2-8 °C, occasionally swirling.)

UniProtアクセッション番号

結合特異性

Peptide Source: Collagen Type IV

保管温度

−20°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
H4417C7521C8374
コラーゲン ヒト胎盤由来 Bornstein and Traub Type IV, powder, BioReagent, suitable for cell culture

C5533

コラーゲン ヒト胎盤由来

コラーゲン ヒト胎盤由来 Bornstein and Traub Type IV, solution, suitable for cell culture, High Performance

H4417

コラーゲン ヒト胎盤由来

コラーゲン ヒト胎盤由来 Bornstein and Traub Type IV, powder

C7521

コラーゲン ヒト胎盤由来

コラーゲン ヒト胎盤由来 Bornstein and Traub Type IV, powder

C8374

コラーゲン ヒト胎盤由来

biological source

human placenta

biological source

human placenta

biological source

human placenta

biological source

human placenta

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

form

powder

form

solution

form

powder

form

powder

packaging

pkg of 5 mg

packaging

-

packaging

-

packaging

-

binding specificity

Peptide Source: Collagen Type IV

binding specificity

-

binding specificity

-

binding specificity

-

詳細

IV型コラーゲンは基底膜に局在しており、ネットワークを形成するタンパク質です。本化合物は、以下の6つの異なる遺伝子によってコードされています:IV型コラーゲンα1(COL4A1)、COL4A2、COL4A3、COL4A4、COL4A5およびCOL4A6。COL4A1およびCOL4A2遺伝子はともにヒト染色体13q34にマッピングされています。2つの遺伝子によりコードされるタンパク質は45%の相同性を共有しています。それらには、非コラーゲン(NC1)ドメイン、三重らせんコラーゲンドメイン、およびGly-Xaa-Yaaリピートが共通して含まれます。COL4A3およびCOL4A4遺伝子はともにヒト染色体2q36.3上に位置しています。組織中では、IV型コラーゲンはプロコラーゲンとして存在します。

アプリケーション

ヒト胎盤由来コラーゲンは、以下の用途に使用されています:
  • 表面機能化のための細胞外マトリックス可溶化。
  • 内皮細胞およびラット多能性細胞の分化の誘導。
  • 細胞遊走/浸潤アッセイの付着剤。
  • キニーネの気道上皮細胞に対する生体電気効果の測定。
  • 遺伝子操作レンチウイルス溶解性ペプチドの選択的毒性の研究。
  • 黄色ブドウ球菌Staphylococcus aureusのフィブロネクチン、フィブリノーゲン、およびコラーゲン受容体の迅速な検出のための粒子凝集測定。
  • ヒト肺がん関連抗原の解明における、マグネシウム依存性のコラーゲン結合測定。

生物化学的/生理学的作用

IV型コラーゲンは細胞分裂および増殖を維持します。コラーゲンの分泌異常は基底膜形成に影響を及ぼします。IV型コラーゲンα1(COL4A1)遺伝子は胃がんで過剰発現しています。COL4A1の変異は、成人および小児において脳内出血に関与します。脳血管障害は、COL4A1およびCOL4A2の突然変異によりもたらされます。IV型コラーゲンは血管形成、神経疾患および転移がんに重要な役割を果たしていることがわかっています。
発達時では、IV型コラーゲンは基底膜(BM)に遍在的に分布しています。成熟過程で、このネットワークは著しく組織特異的な方法で部分的に置き換えられ、BMの構造および機能を決定します。IV型コラーゲンは血小板、肝細胞、ケラチン生成細胞、内皮、メサンギウム細胞、膵臓細胞およびある種のがん細胞に結合することが示されています。
自己免疫疾患Goodpasture症候群における組織傷害は、IV型コラーゲンのα3鎖を標的とする病原性自己抗体によるものです。COL4A5の変異は、Alport症候群に関係します。

注意

この製品は-20℃で乾燥させて保存する必要があり、この条件では3年間活性を維持します。

調製ノート

IV型コラーゲンは凍結乾燥粉末で、滅菌.5 M酢酸、PBSまたは水に1 mg/mLで溶解できます。 PBS溶液は-20℃で少なくとも1年安定です。Niyibizi, C.らのペプシン抽出法を改変して調製されました。

その他情報

コラーゲンは複数の構造的および遺伝的に異なるタイプに分類されています。弊社ではBornsteinとTraubが提唱した命名法を使用しています。シグマ アルドリッチのタイプ分けは一般的なコラーゲン分類とは異なりますのでご注意ください。

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 1

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

A cell migration device that maintains a defined surface with no cellular damage during wound edge generation
Doran MR, et al.
Lab on a chip, 9(16), 2364-2369 (2009)
Genetic Variations of the COL4A1 Gene and Intracerebral Hemorrhage Risk: A Case-Control Study in a Chinese Han Population
Lin S, et al.
World Neurosurgery, 112, e527-e533 (2018)
Genotype-phenotype correlations in pathology caused by collagen type IV alpha 1 and 2 mutations
Jeanne M and Gould DB
Matrix Biology, 57, 29-44 (2017)
Color Atlas of Dermatoimmuno Histocytology, 62-62 (1989)
HSP90 modulates actin dynamics: inhibition of HSP90 leads to decreased cell motility and impairs invasion
Taiyab A and Rao CM
Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research, 1813(1), 213-221 (2011)

資料

The extracellular matrix (ECM) and its attachment factor components are discussed in this article in relation to their function in structural biology and their availability for in vitro applications.

ここでは、細胞外基質(ECM)とその接着因子構成成分の構造生物学的な機能のほか、in vitroでの応用向けにどのようなものが利用できるかについて考察します。

The extracellular matrix (ECM) is secreted by cells and surrounds them in tissues.

3D cell culture overview. Learn about 2D vs 3D cell culture, advantages of 3D cell culture, and techniques available to develop 3D cell models

すべて表示

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先