Merck
All Photos(1)

E8008

Sigma-Aldrich

エチレンジアミン四酢酸 溶液

0.02% in DPBS (0.5 mM), sterile-filtered, BioReagent, suitable for cell culture

Synonym(s):
EDTA 溶液
Empirical Formula (Hill Notation):
C10H16N2O8
CAS Number:
Molecular Weight:
292.24
Beilstein:
1716295
MDL番号:
eCl@ss:
39030907
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.75

品質水準

200

無菌性

sterile-filtered

製品ライン

BioReagent

形態

solution

濃度

0.02% in DPBS (0.5 mM)

technique(s)

cell culture | mammalian: suitable

不純物

endotoxin, tested

pH

7.1-7.7

輸送温度

wet ice

保管温度

2-8°C

SMILES string

OC(=O)CN(CCN(CC(O)=O)CC(O)=O)CC(O)=O

InChI

1S/C10H16N2O8/c13-7(14)3-11(4-8(15)16)1-2-12(5-9(17)18)6-10(19)20/h1-6H2,(H,13,14)(H,15,16)(H,17,18)(H,19,20)

InChI key

KCXVZYZYPLLWCC-UHFFFAOYSA-N

Looking for similar products? Visit Product Comparison Guide

Related Categories

詳細

エチレンジアミン四酢酸(EDTA)は、アミノポリカルボン酸であり、六座配位子です。これは金属イオンとキレート環を形成して、特にカチオンと八面体錯体を形成します。エチレンジアミン四酢酸(EDTA)は抗凝固剤で、血液の凝固を防止します。抗凝固剤は、偽血小板減少症の血小板凝集に関与しています。EDTAはカルシウムとキレート環を形成し、アテローム性プラークの可溶化に効果的です。EDTAカルシウム二ナトリウムの投与は、慢性腎臓病の進行を遅らせるのに有効です。これは細胞洗浄および懸濁培地からカルシウムを除去するために使用されるキレート剤です。EDTAは、細胞凝集を抑えます。

アプリケーション

ブタ精巣(ST細胞)培養で集密状態の細胞単層を除去するため、エチレンジアミン四酢酸溶液が使用されています。これはマトリゲルおよび1次ヒト線維芽細胞から胚性幹細胞(ESC)を単離するためにも使用されています。

物理的形状

カルシウムとマグネシウムを含まないダルベッコリン酸緩衝生理食塩水の溶液

保管分類コード

12 - Non Combustible Liquids

WGK

nwg

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

Certificate of Analysis

Enter Lot Number to search for Certificate of Analysis (COA).

Certificate of Origin

Enter Lot Number to search for Certificate of Origin (COO).

Our team of scientists has experience in all areas of research including Life Science, Material Science, Chemical Synthesis, Chromatography, Analytical and many others.

Contact Technical Service