F3165

Sigma-Aldrich

モノクローナル抗FLAG® M2抗体 マウス宿主抗体

clone M2, purified immunoglobulin (Purified IgG1 subclass), buffered aqueous solution (10 mM sodium phosphate, 150 mM NaCl, pH 7.4, containing 0.02% sodium azide)

別名:
抗dykddddk, 抗ddddk
NACRES:
NA.32

品質水準

200

由来生物

mouse

抗体製品の状態

purified immunoglobulin (Purified IgG1 subclass)

antibody product type

primary antibodies

クローン

M2, monoclonal

形態

buffered aqueous solution (10 mM sodium phosphate, 150 mM NaCl, pH 7.4, containing 0.02% sodium azide)

精製方法

using Protein A

species reactivity

all

濃度

3.8-4.2 mg/mL

アプリケーション

western blot: 10 μg/mL (Protein A)

アイソタイプ

IgG1

免疫原配列

DYKDDDDK

結合体

unconjugated

出荷済み

dry ice

保管温度

−20°C

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

詳細

抗Flag M2抗体は、Flag融合タンパク質の検出に使用されています。本モノクローナル抗体は、マウスで作成されており、N-末端、Met N-末端、およびC-末端のFLAG配列を認識します。 本抗体はまた、内部のFLAGも認識できます。M2は、M1抗体とは異なり、カルシウム依存性ではありません。
F1804はアフィニティ精製したFLAG M2抗体で、ほとんどのアプリケーションで感度が向上しています。
精製方法 - プロテインA

免疫原

FLAG;ペプチド配列DYKDDDDK

アプリケーション

マウスで産生されるモノクローナル抗FLAG® M2抗体は以下で使用されています:
  • イムノブロッティング
  • 免疫沈降
  • 免疫細胞化学
  • 免疫蛍光法
  • ELISA
  • EIA
  • クロマチン免疫沈降
  • 電子顕微鏡法
  • フローサイトメトリー
  • スーパーシフトアッセイ

その他の用途を参照するには、メルクのFLAG®文献ポータルをご覧ください。

包装

5 mg in poly bottle

調製ノート

抗体溶液を、3%の無脂肪ミルクを含むトリス緩衝生理食塩水、pH 8.0で、0.5~10 μg/mLに希釈してください。

保管および安定性

未希釈の抗体を、分注後–20℃で保管します。繰り返し凍結・解凍することは推奨しません。
注:時間とともに、分子内疎水性相互作用により少量の精製抗体が溶液から沈殿することがあります。本製品で沈殿が認められた場合、バイアルを短時間遠心分離し、沈殿をペレット化します。使用には、澄明な上清から必要量の抗体溶液を取り出します。これにより、ウエスタンブロットまたは免疫沈降アプリケーションにおける精製抗体の性能は変わりません。

法的情報

ANTI-FLAG is a registered trademark of Sigma-Aldrich Co. LLC
FLAG is a registered trademark of Sigma-Aldrich Co. LLC

storage_class_code

12 - Non Combustible Liquids

ドイツ水質汚染分類

nwg

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

試験成績書(COA)

原産地証明書(COO)

Casey C Fowler et al.
Nature communications, 10(1), 3684-3684 (2019-08-17)
Bacterial toxins with an AB5 architecture consist of an active (A) subunit inserted into a ring-like platform comprised of five delivery (B) subunits. Salmonella Typhi, the cause of typhoid fever, produces an unusual A2B5 toxin known as typhoid toxin. Here...
Fangzhi Tan et al.
Nature communications, 10(1), 3733-3733 (2019-08-21)
Hearing loss is the most common sensory disorder. While gene therapy has emerged as a promising treatment of inherited diseases like hearing loss, it is dependent on the identification of gene delivery vectors. Adeno-associated virus (AAV) vector-mediated gene therapy has...
Hong Zhu et al.
Molecular biology of the cell, 24(11), 1619-1637 (2013-04-12)
Charcot-Marie-Tooth (CMT) disease is an inherited neurological disorder. Mutations in the small integral membrane protein of the lysosome/late endosome (SIMPLE) account for the rare autosomal-dominant demyelination in CMT1C patients. Understanding the molecular basis of CMT1C pathogenesis is impeded, in part...
Jeong Gu Kang et al.
Scientific reports, 9(1), 11960-11960 (2019-08-21)
Despite the increased interest in epigenetic research, its progress has been hampered by a lack of satisfactory tools to control epigenetic factors in specific genomic regions. Until now, many attempts to manipulate DNA methylation have been made using drugs but...
Annie M Sriramachandran et al.
Nature communications, 10(1), 3678-3678 (2019-08-17)
Modification with SUMO regulates many eukaryotic proteins. Down-regulation of sumoylated forms of proteins involves either their desumoylation, and hence recycling of the unmodified form, or their proteolytic targeting by ubiquitin ligases that recognize their SUMO modification (termed STUbL or ULS)....
資料
Comparison of elution techniques for small-scale protein purification of FLAG® tag proteins using anti-FLAG® M2 magnetic beads.
さらに詳しく
関連コンテンツ
Protein and nucleic acid interaction reagents and resources for investing protein-RNA, protein-DNA, and protein-protein interactions and associated applications.
さらに詳しく
タンパク質-RNA、タンパク質-DNA、タンパク質-タンパク質相互作用の検討および関連するアプリケーションのためのタンパク質-核酸相互作用試薬およびリソース
さらに詳しく

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先