ホームApplications微生物検査無菌試験

無菌試験

無菌試験はGMP微生物試験の要件の1つであり、無菌製品に生存微生物が含まれていないことを上市前や患者への投与前に確認するために行われます。無菌試験法は、医療機器、医薬品、製剤、細胞培養および無菌であることや生育可能な微生物が存在しないことを謳う製品にとって重要なものであるため、可能な限り正確でなければなりません。

無菌試験の手順は食品・飲料メーカーを含む多くの業界で製品に適用されていますが、主に製品の無菌試験が重要かつ日常的な作業であり続けている製薬・医療分野で適用されています。


関連技術資料


医薬品の無菌試験方法

医薬品の無菌試験に関する公定書に記載された方法では、試料を2種類の異なる培地で培養することが求められています。無菌試験では、残存する嫌気性菌、好気性菌および真菌の増殖を促すために、2種類の異なる培地が使用されます。一般に、嫌気性菌と一部の好気性菌の培養には液状チオグリコール酸培地(FTM)が、真菌と好気性菌の培養にはソイビーンカゼインダイジェスト(SCDB)が使用されます。試料は、32.5ºCと22.5ºCでそれぞれ14日間培養後に検査されます。培地に濁りがある場合は増殖している可能性があるため、さらに調査しなければなりません。医薬品の無菌試験には、メンブランフィルター法と直接法の2つの方法が推奨されています。

メンブランフィルター法による無菌試験

メンブレンろ過無菌試験は、USP <71>、欧州薬局方<2.6.1>、日本薬局方<4.06>で引用しているように、ろ過可能な医薬品に望ましい規制方法です。キャニスター内の0.45 µmのメンブレンフィルターで試料をろ過した後、培養のための培地をキャニスター内に加えます。この無菌試験方法では、試料全体または複合試料を1枚のフィルターに通すため、他の方法に比べて無菌試験の感度が向上します。ろ過法では、抗生物質や防腐剤など、濁りの原因となったり、生育を阻害する可能性のある試料内の成分を洗い流すこともできます。

直接法による無菌試験

直接法では、試料ユニットから少量の試料を無菌的に取り出し、適切な量の増殖培地に直接接種してから培養します。この試験方法はシンプルですが、いくつかの大きな制限が加わることがあります。少量の製品しか培地に接種できないため、試験の感度が制限されます。接種後に試料が濁って見えたり、不透明に見えたりする場合、培養期間終了時に微生物の増殖による濁りを検出することが困難なことがあります。さらに、製品に抗菌性がある場合は、微生物の増殖が阻害されないように試料を中和しなければなりません。

医療機器の無菌試験方法

医療機器の無菌試験には、ダイレクトトランスファー法による無菌試験が推奨されます。培養期間中、試験対象機器は試験媒体と直接接触しているため、その間に機器の中、または上に付着した微生物が生育して増殖します。さらに、流体経路が無菌と表示されている輸液や注入アセンブリーのような中空管を持つ製品には、製品フラッシュ無菌試験のほうが適しています。製品の内腔を洗浄液で洗い流し、溶出液をメンブレンでろ過し、適切な培地を用いて培養します。

無菌試験ワークフロー

無菌試験ワークフロー