Merck

3Dバイオプリンティング

3Dプリンターとバイオインクによる臓器の積層のイメージ

3Dバイオプリンティングは、生体組織のような複雑性を持つ3次元組織構造を精密にコントロールして作り出すことを可能にする新技術です。3Dバイオプリンティングは3Dプリンティング技術(付加製造プロセス)の一種であり、積層して3D組織構造を作製します。

3Dバイオプリンティングに使用される材料であるバイオインクには、生きた細胞と細胞外マトリックス(ECM)環境を模倣したバイオマテリアルが含まれており、印刷後の細胞の接着、増殖、分化をサポートします。この新たな革新的技術は、化粧品試験、創薬、再生医療、機能的臓器の置換といった医学研究において未だ満たされていない多くの重要なニーズを解決できる可能性があります。

Sigma-Aldrichでは、3Dバイオプリンティングや組織工学用途に特化した、生体適合性ポリマー、水溶性光開始剤、添加剤を提供しています。これら材料の多くは、紫外線や可視光線へのばく露、pHの変化、サンプルの加温などの熱処理、さらには培地へのばく露などによって、簡単かつ迅速に架橋することができる化学的構造を含んでいます。

製品の特長

  • 反応性末端基を有する多様な官能基化合成ポリマーは、化学的知識が十分でない場合でも、機能性ハイドロゲルの作製を容易にします。
  • ヒアルロン酸、キトサン、ゼラチン、アルギン酸、それら誘導体などの天然ポリマーは、天然の細胞外マトリックスの機械的および生化学的特性を再現するための架橋可能な官能基を含み、細胞の接着、増殖、および分化に必要な表面化学的特性を備えています。
  • ポリカプロラクトン、ポリラクチド、PLGAなどの熱加工可能な生分解性ポリマーは、剛直な構造体の作製に使用することができます。これらの材料は高い強度と剛性を持ち、骨の再現を目的とする組織構造物を構造的にサポートします。
  • 材料押出型の3Dバイオプリンティングにそのまま使用できるバイオインクも取り揃えています。私たちのバイオインクは、天然ポリマーや脱細胞化細胞外マトリックス、合成ポリマー、合成ペプチドをはじめとする、さまざまな生体材料に基づいています。

TissueFab®バイオインク

TissueFab®バイオインクは、詳細なプロトコルの付属したすぐに使用できるバイオインク製品であり、高精度の印刷性と細胞生存率、バッチ間再現性のために最適化されています。


関連製品資料