Merck
ホーム製品材料科学バイオメディカル材料ポリエチレングリコール(PEG・PEO)

ポリエチレングリコール(PEGおよびPEO)

ポリエチレングリコールの化学構造

ポリエチレングリコール(PEG)は、ポリ(エチレンオキシド)(PEO)またはポリ(オキシエチレン)(POE)としても知られる、合成、親水性、および生体適合ポリエステルです。通例、分子量20,000 g/モル未満の材料は、PEGと呼ばれ、20,000 g/モル以上の分アイ量のものはPEOと呼ばれます。これらのポリマーは、水にも、エタノール、アセトニトリル、トルエン、アセトン、ジクロロメタン、ヘキサン、クロロホルムなどの多くの有機溶媒にも溶けます。

PEGは、用途が広く、薬物送達、組織工学、生体共役反応、表面改質用途などの生物医学研究で汎用されています。また、PEGは無毒で、FDAおよびその他の認証機関によって、医薬品、食品、化粧品での利用が承認されています。

分子またはナノ粒子およびマイクロ粒子へのPEG分子のコンジュゲーションもしくは非共有結合は、PEG化(PEGylation)と呼ばれています。薬物送達において、PEG化の利用は、バイオ医薬品(例えば、ペプチド、タンパク質、オリゴヌクレオチド)と微粒子送達システムに「ステルス」特性と生体適合性を付与するとともに、薬剤の薬物動態特性を最適化する効果をもたらします。PEGヒドロゲルは二官能性PEGの架橋によって生成することができ、薬物放出の制御や組織工学における足場として一般的に使用されます。私たちは、バイオメディカル研究用途に向けて、幅広い分子量、末端官能基、反応性、ポリマー構造を持つ、特性の制御されたPEG製品を多数提供しています。

  • ヘテロ二官能性PEG
  • ホモ二官能性PEG
  • 単官能性PEG
  • PEGデンドリマー・マルチアームPEG
  • PEG共重合体
  • GPC用PEG分析標準物質
  • PEG・オリゴエチレングリコール
  • ポリ(エチレンオキシド)(PEO)
  • 高オリゴマーPEG

製品

Sort by Relevance
Showing 1-20 of 453
Page 1 of 23
Page 1 of 23
Showing 1-20 of 453
Compare
Product Number
Product Description
Pricing
Page 1 of 23
Page 1 of 23