免疫検出試薬・基質

Immobilon<sup>®</sup>(イモビロン)Forte・Crescendo・Classico化学発光ウェスタンブロッティング基質

ウェスタンブロッティングによる試験の成功を決定づける最も重要な要因は、使用する試薬の品質です。私たちは、相乗効果を生み出すように事前に最適化した一連のウェスタンブロッティング試薬を提供しています。これらの試薬により高強度の特異的シグナル、低バックグラウンドが確保され、論文レベルの結果を迅速に得ることができます。




ブロッキング試薬

メンブレンの未結合部位のブロッキングは、高バックグラウンドを招くおそれのある抗体の非特異的結合を防止します。牛乳、ゼラチンなど従来のタンパク質ベースのブロッカーは、多くのブロッティングアプリケーションに有効ですが、信号をマスキングして特定のタンパク質標的の検出を妨害するため、検出感度を低下させます。Immobilon®Blockノイズキャンセル試薬には、化学発光法、蛍光法またはリンタンパク質検出法の使用時にバックグラウンドレベルを低減するように最適化された、すぐに使用できるタンパク質フリーのバッファーが含まれています。

ストレプトアビジン・二次抗体の複合体

現代の免疫検出法は、ホースラディッシュペルオキシダーゼ(HRP)またはアルカリホスファターゼ(AP)などの酵素に共有結合したストレプトアビジンまたは二次抗体を利用する、酵素結合検出法に基づいています。標識酵素は特定の基質の分解を触媒し、シグナルの生成を引き起こします。さまざまなストレプトアビジン、Protein A、Protein Gおよび二次抗体の複合体をウェスタンブロッティングに利用できます。私たちは、ウェスタンブロッティングで行う化学発光法、発色法、化学蛍光法の検出のための、HRPおよびAP基質を幅広く取り揃えています。

ウェスタンブロッティング用化学発光基質

化学発光検出用のImmobilon® HRP基質により、感度が改善されより定量的なブロットが得られ、検出に使用する抗体濃度を低下させることにより費用が削減されます。ウェスタンブロッティングアプリケーションの検出を最適化するために、さまざまな感度のImmobilon®基質のポートフォリオからお選びください。これらは、簡便ですぐに使えるフォーマットまたは2コンポーネントのフォーマットで提供されます。

  • Immobilon®Classico・Crescendo・Forte化学発光基質は、ペルオキシダーゼベースの検出法のためプレミックスされた、すぐに使える試薬ファミリーで構成されており、広範囲の標的タンパク質濃度にわたり最適な信号対バックグラウンド比が得られるよう、一定範囲の感度で提供されます。検出限界を以下に示します:

    • Immobilon® Classico:標的タンパク質 約6 pg
    • Immobilon® Crescendo:標的タンパク質 約1~3 pg
    • Immobilon® Forte:標的タンパク質 約400 fg
  • Immobilon® ECL UltraおよびWestern化学発光HRP基質は、標準的な2液混合型の製品で、卓越した感度と長い信号寿命を提供します。これらの製剤により、より低濃度の一次抗体溶液をイムノブロット検出に使用することができます。検出限界を以下に示します:
    • Immobilon® Western HRP基質:標的タンパク質 約400&
    • Immobilon® ECL Ultra基質:フェムトグラムの低範囲
Immobilon®ウェスタンブロッティング化学発光基質の感度

図1.ウェスタンブロッティング用Immobilon®化学発光基質の相対感度

強化型ルミノールベースのHRP検出法を使用するCytiva™ Amersham™ ECL検出試薬は、さまざまなウェスタンブロッティングアプリケーションのニーズに対応できる各種製剤を取り揃えています。(日本国内取扱いなし)

  • Cytiva Amersham™ ECLウェスタンブロッティング検出試薬は、確認試験のためのウェスタンブロッティングアプリケーションに推奨されます。
  • Cytiva Amersham™ ECL Primeウェスタンブロッティング検出試薬は、多量・微量のタンパク質の両方を同じブロットで検出できるようにします。
  • Cytiva Amersham™ ECL Selectウェスタンブロッティング検出試薬は、希釈された一次・二次抗体を使用する場合でも高い感度をもたらします。
  • Cytiva Amersham™ ECL Startウェスタンブロッティング検出試薬は、中・高発現タンパク質の化学発光検出用に開発されました。

ウェスタンブロッティング用発色基質

発色検出は、反応触媒のためにペルオキシダーゼ(HRPなど)またはアルカリホスファターゼ(AP)標識酵素を使用し、不溶性の着色沈殿物を堆積させることにより検出を行います。私たちのウェスタンブロッティング用発色基質は、溶液、粉末、錠剤で提供していますので、保存や使用に合わせて柔軟にお選びいただけます。

  • SIGMAFAST™ DAB錠剤(発色HRP基質)は、ホースラディッシュペルオキシダーゼと反応し褐色を発する比色析出基質から成り、水に溶かすことにより、ブロッティング検出にすぐに使用できる緩衝液を調製できます。
  • BCIP/NBT(青/紫)・BCIP/TNBT(青/褐色)単一試薬(発色AP基質)は、アルカリホスファターゼ用の高感度比色基質です。
  • TMB強化型1コンポーネントHRPメンブレン基質(発色HRP基質)は、1コンポーネント型の比色基質で、濃青色の生成物を産生します。

シグナルエンハンサー

  • Immobilon®シグナルエンハンサーは、観察されるシグナル強度が低い場合でもウェスタンブロッティングアプリケーションを使用できるように設計されています。抗原抗体反応増強により、シグナル強度を2~10倍に増幅することができます。Immobilon®シグナルエンハンサーは、PVDFおよびニトロセルロースメンブレンに適合し、発色・化学発光・蛍光検出法で使用できます。
  • SignalBoost™免疫反応エンハンサーキットは、ニトロセルロースまたはPVDFメンブレン上の化学発光または比色標的シグナルを増幅する設計となっています。

ストリッピング/リプロービング用試薬・キット

ストリッピング試薬およびリプロービング試薬は、固定化タンパク質に重大な影響を与えることなく迅速かつ効果的にウェスタンブロットから抗体を除去するために、特別に調製されています。