Merck
ホームmilliplexMILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットの特長

MILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットの特長


幅広い研究・疾患領域に適応した品揃え

  • 免疫・炎症(サイトカイン/ ケモカイン/ アイソタイピング)
  • メタボリック(インクレチン/ 糖尿病/ 内分泌)
  • 毒性マーカー(腎毒性/ 肝毒性/ 心毒性)
  • 神経変性疾患(アルツハイマー/ 神経ペプチド)
  • シグナリング(リン酸化/ 転写因子)
  • 細胞内代謝 ( 酸化ストレス/ 糖代謝)
  • がんマーカー(血管新生/ 増殖因子/ 転移)
  • 加齢性疾患(心血管疾患/ 骨代謝/ 骨粗鬆症/ 関節炎)
幅広い研究・疾患領域に適応した品揃え

最適化された試薬

2-1. マトリックス効果を考慮

・Serum Matrix が同梱されています。

血清や血漿サンプルには、多くの生体由来成分(マトリックス)が含まれています。そのため、検量線測定用のスタンダード試薬とはバックグラウンドが異なり、測定値に影響する可能性があります。MILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットにはバックグラウンドを合わせるため、キットごとに最適化されたSerum Matrix を同梱しています(一部キットを除く)。Serum Matrix を使用する際は、標準タンパク質溶液を含むウェル、バックグランド溶液を含むウェル、クオリティーコントロールタンパク質溶液を含むウェルにそれぞれ加えてから測定してください。

2-2. 再現性の追及

・標準タンパク質の品質はロット毎に管理されています。

各構成品は、弊社が定める基準を満たした製品のみが採用されます。中でも、検量線作成に使用する標準タンパク質(凍結乾燥品)は、ロット毎のばらつきが一定の範囲内に収まることを確認してから出荷していますので、長期にわたるプロジェクトにも安心してご使用いただけます。

2-3. 調製が簡便

・標準タンパク質は濃度調製済みです。

凍結乾燥品としてご提供している標準タンパク質は、一定量の溶媒で溶解すると、ロットに関わらず段階希釈濃度が常に一定となります。

2-4. 実験プロセスの確認が可能

・クォリティーコントロールタンパク質(QC タンパク質)を同梱しています。

MILLLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットには、アッセイプロセスを評価するためのタンパク質として、QC タンパク質が同梱されています。検体と同様の方法でQC タンパク質溶液を測定すると、キットに添付されているデータシートに記載された濃度レンジ付近の測定値が得られるよう調製されています。この値を確認することで、実験プロセスの確認をすることができます。QC タンパク質を使用する際は規定量の希釈液で溶解して使用します。

最適化された試薬

マルチプレックスとシングルプレックス測定の比較

マルチプレックスとシングルプレックス測定の比較検証済みです。

マルチプレックスアッセイでは、データの適切性を担保するために、ビーズ間の干渉の有無を確認する必要があります。メルクでは、MILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットの製品化の過程で、マルチプレックス測定とシングルプレックス測定の両方の結果に基づき、測定項目同士の干渉がないことを事前確認しています。


MILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットの仕様

目的に応じて最適な仕様のMILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットをお選びいただけます。

プレミックスキット
プレミックスキットは、あらかじめ選択された組み合わせのMILLIPLEX® マルチプレックスアッセイキットです。各アナライトに対する捕捉抗体ビーズが予め混合され、その混合ビーズが1バイアルで提供されます。

  • メリット:
    各捕捉抗体ビーズを混合する手間を省くことができます。研究または疾患領域ごとに測定項目をまとめていますので、関連性がある測定項目をまとめて測定する場合に便利です。

セレクトキット
セレクトキットは、単一パネルのアナライトから、お客様が希望される項目を自由に選択いただくキットです。測定項目の合計数がプレックス数(Plex/Pk)となり、プレックス数に応じて希望販売価格が設定されています。選択いただいた測定項目に対する捕捉抗体ビーズは個別に包装されており、混合して使用いただけます。

  • メリット:
    用途に合わせて必要な項目のみをご選択いただけるため、効率的です。

カスタムプレミックスサービス
カスタムプレミックスサービスは、一部のセレクトキットにおいて、パネル中のアナライトに対応する各捕捉抗体ビーズを混合し、一本のバイアルとしてご提供するサービスです。

  • メリット:
    各捕捉抗体ビーズを混合する必要がないため、測定項目数が多いときに便利です。

お問合せ先
メルク ライフサイエンス リサーチ事業部
E-mail:jpts@merckgroup.com
TEL:03-4531-1140